最近の高専ロボコンに感動したブログ

高専ロボコン第30回大会も近いということで最近の高専ロボコンに感動した自分が満足できそうなデータベース構築のために情報を蓄積していくためのブログです。

第28回

答え合わせ 北海道地区編

函館高専 公開されている資料はありませんでした。 苫小牧高専 公開されている資料はありませんでした。 釧路高専 公開されている資料はありませんでした。 旭川高専 Orthrows チームのウェブサイトに解説ページがありました。 Orthrows - AsahikawaNCT Robo…

答え合わせ 東北地区編

昨日、産業技術高専荒川キャンパス「わんちゃん丸」チームリーダーの方より情報を頂きましたので、後日幾つかの記事に加筆しようと思います。彼らは情報公開していないのに、私の記事内容は凡そ合っていたそうです。 ロボットの構造・仕組みについてあれこれ…

答え合わせ 関東甲信越地区

木更津高専 交流会などで発表されたそうですが、公開資料はありませんでした。 サレジオ高専 公開資料はありませんでした。 産業技術高専品川キャンパス 公開資料はありませんでした。 東京高専 公開資料はありませんでした。 産業技術高専荒川キャンパス 荒…

答え合わせ 東海北陸地区編

鳥羽商船 公開資料なし。 鈴鹿 この大会のロボットに関する資料はありませんでしたが、開発環境・技術・素材についての資料が公開されていました。 鈴鹿高専ロボコン 部活紹介と技術紹介 from 交流会 東海北陸ロボコン www.slideshare.net メカロンやピーチ…

答え合わせ 近畿地区編

和歌山高専 公開資料なし。ローラー制御部について知りたいです。 近畿大学高専 公開資料なし。 奈良高専 大和 奈良高専自身の紹介ページがありましが。 奈良高専ロボコンプロジェクト より詳細な資料が「大和」の記事を書いた頃からあり、その記事もそれら…

答え合わせ 中国地区編

アメリカABCで放送しているBattleBotsのような相手を動けなくしたり破壊するロボット競技がありますが、正直に言うと「好き」です。日本でロボット同士が激しく接触する競技というとRoboOneとロボット相撲がありますが*1、RoboOneは空手やボクシングまたはK-…

答え合わせ 四国地区編

本日はNHK学生ロボコンが開催されましたが、ライブストリーミングによる生放送映像が提供されていなくて残念でした。贔屓のチームが予選を突破して活躍しているという呟きをみたので、テレビ番組でその活躍が視聴できることを楽しみに待つことにします。*…

答え合わせ 九州沖縄地区編

2015年第28回大会「輪花繚乱」の全てのロボットについて記事を書き終えましたが、誤字・脱字があるので、修正し、操縦者数の情報を加筆します。また、他のサイトで各ロボットについて技術資料が公開されていることを知ったので、公開されている機体だけ、答…

旭川高専B ーUmbrellaー(アンブレラ)

試合内容 初戦の1回戦第3試合に地元開催で期待されていた苫小牧高専Aチームの「XYlert(キシラート)」と対戦。苫小牧が順調に得点を重ねる中、旭川は2本目の自陣ポールに輪が入れられず、躓いてしまう。輪の自動装填装置がついていたそうだが、機能せず、3…

旭川高専A Orthrows(オルトロス)

試合内容 地区大会 前日のロボットの軽量で、最大25kgまでの重量制限から1kgも上回っていたことが判明した旭川高専Aチームの「Orthrows(オルトロス)」は、二門ある射出装置それぞれに取り付けられた装填装置のうちの一つを取り外し、実質一門の射出装置で…

釧路高専B はたらきリスとなまけリス(ハタラキリストナマケリス)

試合内容 1回戦第2試合に旭川高専Aチームの「Orthrows(オルトロス)」と対戦。地区大会四連覇が掛かった本命チームが重量制限のために得点能力を半減させたといってもよい対戦相手であったのだが、釧路も製作が進まず前日でも設計通りに動かせていなかった…

釧路高専A スロペクス(スロペクス)

試合内容 戦術的にスロペクスと同型機と分類されてもおかしくはない函館高専Bチームの「ブラックフープシューター」と対戦した。昨日のテストランで唯一Vゴールをしていた対戦相手であった。 序盤、釧路は、函館に追いつかれることがありながらも、35秒で…

苫小牧高専B トマキャッスル(トマキャッスル)

試合内容 1回戦第1試合で函館高専Aチームの「I wanna get(アイワナゲット)」と対戦した苫小牧高専Bチームの「トマキャッスル」は自陣ポールに輪を一ついれることができたものの、その後は輪を放つも入らず、輪の装填のためにスタートゾーンとスローゾー…

苫小牧高専A XYlert(キシラート)

試合内容 地区大会 初戦1回戦第3試合 旭川高専Bチームの「ーUmbrellaー(アンブレラ)」と対戦。終始自陣ポールに苦戦していた旭川高専のUmbrellaを尻目に、自陣ポール、相手陣ポール、中央ポールと得点していった苫小牧高専のXylert。特に中央ポール・相手…

函館高専B ブラックフープシューター(ブラックフープシューター)

試合内容 前日のテストランで北海道地区大会唯一のVゴールを披露出来ていた函館高専Bチームのブラックフープシューターであったが、輪を放つ度に輪を放つ度にセンサーが壊れ始め、それが原因で無念の準決勝敗退をするとは思ってもみなかったであろう。 初…

函館高専A I wanna get(アイワナゲット)

試合内容 北海道地区大会の初戦、1回戦第1試合で函館高専Aチーム「I wanna get(アイワナゲット)」は苫小牧高専Bチームの「トマキャッスル」と対戦した。開始から30秒ほど試合に動きはなかったが、32秒に苫小牧が1点先取すると、函館も41秒に1点得点して…

八戸高専B 大冠乱射(ダイカンランシャ)

試合内容 初戦の1回戦第4試合に福島高専Bチーム「ぐる輪(グルリン)」と対戦。福島が開始15秒で5点を自動制御で取っていた。その一方で、八戸は走行操作も侭ならず、時折暴走するなど、競技ができる状態ではなかったようだ。輪を放ったが、ローラーが回転…

八戸高専A YABUSAME(ヤブサメ)

試合内容 初戦、1回戦 第3試合に鶴岡高専Aチームの「イカ略!?(イカリャク)」と対戦。試合序盤の自陣ポールでは相手のリードを許さず、1分4秒には2対3としていたが、1分25秒に3対3と同点にされた。試合後半、鶴岡に中央ポール2.5m左右を立て続けに入れら…

秋田高専B BLUE HAWAII(ブルーハワイ)

試合内容 初戦1回戦第5試合 仙台高専広瀬キャンパスBチーム「ぱせり」と対戦。 試合序盤、秋田は開始20秒で自陣ポール3本に輪を入れ3対2と仙台広瀬をリードしたまま試合を優位に進めたかったが、38秒で3対3と同点になり、ここから同点と逆転が交互に訪れた…

秋田高専A ワッカマン(ワッカマン)

試合内容 地区大会 初戦1回戦第2試合 鶴岡高専Bチームの「わなげびと」と対戦。鶴岡が全く輪が入れられない一方で、自陣ポール3本に順調に輪をいれ(44秒)、その後なかなか輪が入らなかったが、相手陣左に入れ4対0で、相手の不調もあり、勝利できた。 2回…

一関高専B 百式砲(ヒャクシキホウ)

この記事で扱うロボットの名前、そして外装に施されたカラーリングから懐かしさを覚えたのは私だけではないでしょう。 あの空想上のロボットに由来してはいないそうですが、二度の全国優勝と一度の準優勝経験がある一関高専から、「まだだ!まだ終わらんよ!」…

一関高専A 風迅雷迅(フウジンライジン)

試合内容 試合前日に自陣ポール用の射出装置が壊れ修理し、翌日に臨んだ1回戦第6試合。対戦相手は仙台高専名取キャンパスBチームの「輪ーKing!!(ワーキング)」であった。 自陣ポールに一つも輪が入れられず、東北地区大会で最も大きな2.5mの輪で中央ポー…

鶴岡高専B わなげびと(ワナゲビト)

試合内容 初戦は1回戦第2試合。秋田高専Aチームの「ワッカマン」と対戦。ワッカマンが得点していた一方で、全く輪をポールに入れられず、鶴岡が狙っていた自陣ポールに頭越しにワッカマンに先に入れられてしまっていた。4対0で負け。 福島高専A おくとばす…

鶴岡高専A イカ略!?(イカリャク)

高専ロボコンに参加したロボットの名前などを収集していると、あることに気がつきます。「イカとタコ、意外に多いなぁ...。」*1 イカをモチーフ・テーマにした最初のロボットは、国内ではイカで有名なところの一つである函館の函館高専が1989年第2回大会「オ…

仙台高専広瀬キャンパスB ぱせり(パセリ)

最近、昔の高専ロボコンの映像や逸話を閲覧しています。 昔の高専ロボコンというのも若干語呂が悪いので、凡そ20世紀中の高専ロボコンを「オールドロボコン」と呼びましょう。 オールドロボコンの全国大会は面白いと思いますが、地区大会も引けを取らず面白…

仙台高専広瀬キャンパスA Onyx(オニキス)

2016年第29回大会の競技テーマとコンセプトが正式決定されました。「ロボット・ニューフロンティア」です。ところで、ルールが先行発表され、テーマ/コンセプトが後日発表されたのは初めてなんでしょうか? [高専ロボコン]ルールブック 大きく分けて三つ…

仙台高専名取キャンパスB 輪ーKing!!(ワーキング!!)

このブログは高専ロボコンに出場したロボットの情報を集める目的で始めております。第28回大会のロボットについてだけでなく、幾つかの収集タスクを並行して作業を進めております。*12001年以降出場のロボット名の収集は某サイトに情報が残っていたおかげも…

仙台高専名取キャンパスA Re:act(リアクト)

先日、「輪花繚乱」に参加したあるロボットの解体を撮影した画像付のtweetを見つけた。尋ねると、3DCAD用のデータは残したのだという。また、練習では16秒でVゴールできていたとのこと。2番目の速さだろうし、中央ポールや相手陣ポールを外してももう何本か…

福島高専B ぐる輪(グルリン)

全てのロボットの記事を書き終えてはいませんが、100機以上みてくると高専ロボコン史上最高と賞賛したい*1ルールといえども他の高専ロボコン大会に比べてロボットの多様性、バリエーションが少なかったようです*2。私は同じロボットは一つとしてなかったと言…

福島高専A おくとばす(オクトバス)

試合内容 東北地区大会の初戦、1回戦第1試合で福島高専Aチームの「おくとばす」は優勝校の一関高専Bチーム「百式砲(百式砲)」と対戦した。 3つ以上の輪を一斉に射出して短時間でVゴールを狙う一関の百式砲が相手陣中と左を残してVゴール開始17秒で7本…

長岡高専B Nagaoka-Fireworks(ナガオカファイヤワークス)

試合内容 初戦、2回戦第4試合でサレジオ高専Aチームの「SAGITTARIUS(サジタリウス)」と対戦し、開始21秒でVゴールを決めて勝利した。 準々決勝第4試合、産技高専荒川キャンパスのAチーム「荒鯊(アラハゼ)」と対戦した。どちらも同じく速攻一斉射出型…

長岡高専A 輪翔輪勝(ワッショイワッショイ)

試合内容 初戦、2回戦第1試合に優勝候補の一つである長野高専Aチームの「C-RAZair(シーレーザー)」と対戦。最初に長野側に輪を幾つか放って、長野が移動するのを妨害しようとしたから効果はなかった。長岡は自陣ポール3本にほぼ同時に輪を入れるなどの能…

長野高専B infinity(インフィニティ)

関東甲信越地区の高専OBには輸送機械関連、特に自動車業界でご活躍された方がいらっしゃいます。旧育英高専(現サレジオ高専)出身のレーシングカーのデザイナーや製造会社経営などのレースの世界でご活躍されている由良拓也さん。旧航空高専(現産技高専…

長野高専A C-RAZair(シーレーザー)

試合内容 地区大会 関東甲信越地区大会決勝は、全国大会を含めても最も白熱した試合としたい。また郷土に因んで言えば、その振る舞いはまるで真田一族のようであった*1。 初戦 2回戦 第1試合 2回戦からの登場となった長野高専AチームのC-RAZairは初戦で長岡…

茨城高専B RING。(リング)

試合内容 初戦は1回戦第1試合。サレジオ高専のBチーム「Cyclone(サイクロン)」と対戦し、得点できないサレジオとは対照的に自陣ポール3本に輪を入れ、0対3で勝利した。茨城の「RING。」は前日のテストランでは殆ど動かず得点できていなかったと実況され…

茨城高専A ゴンザレス伊藤(ゴンザレスイトウ)

試合内容 初戦は2回戦第3試合。木更津高専Aチームの「花鳥風月(カチョウフウゲツ)」と対戦した。茨城公選のゴンザレス伊藤はスタートゾーンを飛び出すと、中央ポールのスタートゾーン側に射出位置につき、自陣ポールから一斉に輪を放つ速攻型の戦術で最速…

群馬高専B 上州カウボーイ(ジョウシュウカウボーイ)

試合内容 地区大会 初戦は2回戦第8試合。優勝候補にして直前の試合で最速Vゴールを叩き出していた都立産業技術高専荒川キャンパスAチームの「荒鯊(アラハゼ)」と対戦した。対戦する前に「試合」の行方が十中八九あたってしまいそうではあるが、観衆を魅…

群馬高専A Hey!Hey!Bom!Bom!(ヘイヘイボンボン)

昨日17時か18時ぐらいに、高専ロボコンの第29回大会のテーマとルールが発表されました。今年は障害を乗り越えて箱を可能限り高く積む「ボックス・ビルダー(仮)」という競技です。何か新しい技術を使わせることに挑戦させるのかと想像していましたが、競技…

小山高専B 輪Navi君(ワナビークン)

試合内容 地区大会 初戦、2回戦第5試合 茨城高専Bチームの「RING。(リング)」と対戦。茨城が1分以上かけて自陣ポール3本までしか入れられずにいる一方で、まるで調整の確認のために動かしているように1点ずつ得点していき、Vゴールまであと1本までとした…

小山高専A タートルリンガー(タートルリンガー)

試合内容 初戦は1回戦第3試合。長野高専Bチームの「infinity(インフィニティ)」と対戦。 開始早々、小山は長野の行く手に輪を二つ放り投げて走行妨害を企てるが、開始25秒で3対2と長野にリードされ、その効果はなかったようだった。小山は自陣ポール3本目…

都立産業技術高専荒川キャンパスB わんちゃん丸(ワンチャンマル)

最近、ちょっと前の大会映像を見ることが多く、何かを思い起こさせるシーンが増えてきました。例えば2012年第25回大会「ベストペット」から蓄積していた技術を2015年第28回大会「輪花繚乱」で咲かせたと言ってもよいチームや、構成要素が殆ど一緒のように見…

都立産業技術高専荒川キャンパスA 荒鯊(アラハゼ)

試合内容 関東甲信越大会 先に開催された他地区では多くの接戦や逆転がみられ、最後に開催された関東甲信越大会にもそのような試合が多くなるとの期待が持たれたに違いない。*1 初戦の1回戦第4試合 東京高専Bチームの「゜ゑ(ピェ)」と対戦。この関東甲信…

東京高専B ゜ゑ(ピェ)

試合内容 1回戦第4試合に都立産技高専荒川キャンパスAチームの「荒鯊(アラハゼ)」と対戦したが、籤運が悪過ぎた。初戦で優勝候補にして一瞬で試合を決することができるチームと対戦してしまったのであった。 強豪相手でも東京高専の「゜ゑ」のメンバーは…

東京高専A 沼のかばさん(ヌマノカバサン)

試合内容 初戦、1回戦第2試合、群馬高専Aチームの「Hey!Hey!Bom!Bom!(ヘイヘイボンボン)」と対戦。東京の沼のかばさんはスタート準備が出来ていなかったのかトラブルが発生したのか、試合折り返しの1分半ぐらいまでスタートゾーンからでることが出来なか…

都立産業技術高専品川キャンパスB 一点突輪゚(イッテントッパ)

試合内容 初戦、2回戦 第6試合、群馬高専Aチーム「Hey!Hey!Bom!Bom!(ヘイヘイボンボン)」と対戦。最初の輪を入れるのに時間が掛かったが、1分5秒で自陣ポール3本を決めて1対3とし、1分50秒には中央2.5m右に輪を入れ1対4としたが、そのご両者とも輪の装填…

都立産業技術高専品川キャンパスA 花輪投(カリントウ)

試合内容 初戦、2回戦 第7試合。長野高専Bチーム「infinity(インフィニティ)」との対戦であった。開始37秒で長野に1対3とリードされたものの、1分5秒で3対3の同点に追いついた。それも束の間、長野が中央3mに決めて3対4と再びリードされるが、品川も中央2…

サレジオ高専B Cyclone(サイクロン)

試合内容 第28回の高専ロボコン、関東甲信越地区大会は全国8地区中最後に開催された。他地区で最近あまりなかった多くの接戦が行われ、毎年秀逸なロボットを送り出してきた関東甲信越地区にもその期待が膨らみ、注目されたに違いない。その初戦、1回戦第1試…

サレジオ高専A SAGITTARIUS(サジタリウス)

松江高専のロボコン監督である別府俊幸教授の『小さなチーム育成論』が更新されていました。過去の記事に追記しました。連載している各ページへのリンクがあります。 kosen-robocon.hatenablog.jp 試合内容 初戦は2回戦第4試合。優勝候補の一角と目されてい…

木更津高専B 玉輪(タマリン)

高専ロボコン第30回大会という記念すべき大会を2年後の2017年に控えています。その年に国技館が改修されることが明るみになったのは丁度1年前の2015年4月のことでした。報道によると大相撲以外には貸し出さないことが決定されたそうですので*1、第4回以降国…

木更津高専A 花鳥風月(カチョウフウゲツ)

試合内容 初戦は2回戦第3試合から。茨城高専Aチームの「ゴンザレス伊藤(ゴンザレスイトウ)」と対戦した。茨城のゴンザレス伊藤が自陣ポールに輪を一つも入れられずに終始スータトゾーンとスローゾーンを行ったり来たりしていたのに対し、木更津の花鳥風月…