最近の高専ロボコンに感動したブログ

高専ロボコン第30回大会も近いということで最近の高専ロボコンに感動した自分が満足できそうなデータベース構築のために情報を蓄積していくためのブログです。

阿南高専A AQSent(アクセント)

 1回戦第3試合からの登場となった。対戦相手は新居浜高専Aチームの「Hermit crab(ハーミットクラブ)」である。自陣ポールに得点する序盤で接戦を展開。その後、阿南が中央ポールで得点を重ねていき勝利。続く2回戦、弓削商船高専Aチームの「HIMEMADONNA(ヒメマドンナ)」との対戦も前試合どうように順調に得点を重ね、凡そ終盤までリードして勝利。ここまでは完成度が低いか調整不足の相手に勝利してきたが、準決勝ではそれまで1分10秒台でVゴールを重ねてきた香川高専詫間キャンパスBチーム「Force(フォース)」に同じく1分10秒台でVゴールされ、大会を終えた。

阿南高専A AQSent(アクセント) 画像URL

NHK高専ロボコン ライブストリーミング サイト 四国地区大会 出場校データチェック ページより

上記サイトの都合で画像が閲覧できないことがあります。

特徴

  • 移動システム:四輪メカナムホイール
  • 射出エネルギー源と格納方法1:ゴム
  • 射出装置1:ゴム引張弾性利用カタパルト(パチンコ型)(自陣)x1
  • 射出装置2:ゴム引張弾性利用カタパルト(パチンコ型)(中央左右)x1
  • 射出装置3:ゴム引張弾性利用カタパルト(パチンコ型)(中央中央)x1
  • 射出装置4:ゴム引張弾性利用カタパルト(パチンコ型)(相手)x1
  • 照準/測位システム:なし(目視)
  • 通信システム:未確認
  • コントローラー:ゲームパッド
  • 操縦者:1名
  • 自律機能/自動機能:未確認
  • 妨害装置:なし

仰角は調整済

 映像をよく見て初めて気がついたが、一つの射出機構の中にゴムが何本も引っ張られていて、それにホースの輪が装填されている珍しい機構である。射出位置、方向、仰角は予め調整済にしておくという設計思想のようで、撃ち分けるために、仰角ごとに射出機構を用意したようだ。もっと多くの輪を装填可能としていたら、Vゴールを決められる可能性が高まるのかもしれない。

共和 ゴムバンド #16100g GG011

共和 ゴムバンド #16100g GG011