読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の高専ロボコンに感動したブログ

高専ロボコン第30回大会も近いということで最近の高専ロボコンに感動した自分が満足できそうなデータベース構築のために情報を蓄積していくためのブログです。

大島商船高専A ポールインワン(ポールインワン)

  ブログのサイドバーを使いやすくしました。前方参照(ここでは以前の記事を参照することにしておきます。)のための記事を素早く探すのに記事が多くなってくると面倒になってくるので、ブログの公開ページそのものにツールがあれば楽になると思います。

 このまま一人で今大会の全チームについてあれやこれやと書いていくつもりですが、もし次の大会も同様のことをしたいと思ったら複数人のブロガーを用意し、地区ごとに担当者を割り当て、最初のエントリーは一月以内で書き終えるべきだろうと思います。 そうなるとこのブログシステムでは有料のPro版を購入するしかないのですが、そこはちょっと知恵をつかって、ある程度申し合わせしておけば、無料で複数人で書いていけると思います。特に関東甲信越地区は『高専ロボコンの本』を書いている方が適任だと思います。

flyinggears.hatenablog.jp

木の温もりがあるロボット

  大島商船高専といえば「木製」ロボットです。何時から木製に拘るようになったのか私はわかりませんが*1、20年以上前から木製ロボットを作ってきたイメージを持っています。今大会も「安心してください!木製ですよ!」と言っているかのような彼らの木製のロボットの登場に安心する私(だけでなく皆さんも?)です。

 試合は、初戦の1回戦第8試合で、米子高専Bチームの「WANAGE KNIGHT(ワナゲナイト)」に4対2で負けましたが、2得点出来たので、木製ロボットのファンとしては肯ける内容でした。 

大島商船高専A  ポールインワン(ポールインワン) 画像URL

NHK高専ロボコン ライブストリーミング サイト 中国地区大会 出場校データチェック ページより

上記サイトの都合で画像が閲覧できないことがあります。

特徴

  • 移動システム:二輪駆動+ニ輪補助輪
  • 射出エネルギー源と格納方法1:ゴム(+2次電池)
  • 射出装置1:ゴム引張弾性利用カタパルト(航空母艦型)(汎用)x1
  • 照準/測位システム:なし(目視)
  • 通信システム:未確認
  • コントローラー:自作x2
  • 操縦者:2名
  • 自律機能/自動機能:未確認
  • 妨害装置:なし

木材加工

 これは推測でしかないのだが、輪をカタパルトに装填する装置の木製のチェーンやフック、平歯歯車やラックなどのロボット内で比較的「薄い」部品をみると、複雑な形状をしており、レーザーによる切断加工がなされたとみている。CAD上で設計さえできれば、加工機に渡すデータを自動生成してくれる時代であり、用途・動作に合わせて木目方向などを適切に選ぶだけの簡単なプロセスであるが、複数の複雑な応力がかかる部品となると木目を交差させるかのように張り合わせるなどの工夫が必要であるが、そういうことも恐らくしているだろう。

 ロボットの骨格とも言うべきフレームは走行するたびに捩れるように揺れ、見ている私は心許なかったが、しっかりと機能していた(2得点した)。台車部分や射出機構は比較的「厚い」木材が利用されていることから、継ぎ手を使って確りと木組みをされているようだった。

 木材加工は、杉や檜、松(米松、カラマツなど)など素材の選定から、湿度による変化、木目による異方性の考慮、継ぎ手などの複雑な加工まで、専門の知識と技を要する。浅薄な知識で語れない独自の深い世界があるので、コメント欄にスペシャリストが登場することを願おう。

レーザー加工機

 大島商船高専がレーザー加工機を使っているとして、どんな加工機を使っているかに興味がある。恐らくは学校が授業のために購入した有名メーカー製だろう。だが、ひょっとすると、ロボコンの為だけに購入しているのかもしれない。その際には、最適なものを選んだはずだ。

 レーザー加工機についてほんの少し調べていたところ、驚いたことに、最近のことらしいが、低価格で購入できるレーザー加工機が販売されていた。データ処理にオープン・ソース・ソフトウェアなどを利用し、外装も簡易なものであるが、炭酸ガスレーザーを利用して厚いものまで切断・加工できるものがある。様々なレーザー加工機が販売されるようになったが、注目すべきは価格である。厚さ2mmまでの木材なら切断可能なものは価格が10万円未満、厚いアクリルや木材も切断可能なものは30万円未満で買えるのだ。10万円というと白色申告で、30万円というと青色申告で経費扱いにし易い金額である*2

www.smartdiys.com

www.smartdiys.com

*1:誰か大島商船高専の木製ロボットの歴史について教えてください。

*2:税務のことは専門家にお任せしますが、私はそんな認識です。